転職エージェントは複数登録!その理由とは

「転職エージェントに登録したが、希望とは違う企業ばかり紹介された」

「転職エージェントは複数登録した方がいいの?」

このような人に向けて解説します。

転職エージェントには何社登録すべきか

決まりはありませんが、3、4社の登録をオススメします。そして最終的に1、2社に絞っていくと良いでしょう。

最初から1社に絞っていると比較材料がなく、良いコンサルタントと巡り会えないことがあります。大手や、特化型問わず様々なエージェントに登録してみましょう。

複数登録することのメリット

  • 多くの情報が手に入る
  • 1つの情報に振り回されずに済む
  • 自分をあらゆる角度から客観的に見てもらえる

【多くの情報が手に入る】

より多くの情報から選ぶことが出来るようになります。エージェントによっては、その人しか持っていない「企業の独自情報」を持っている可能性があります。

【1つの情報に振り回されずに済む】

1つのエージェントのみだと、担当コンサルタントからもらう情報で全てが決まってしまいます。複数のエージェントを利用することで、今までになかった可能性が発見できるかもしれません。

【自分をあらゆる角度から客観的に見てもらえる】

複数のコンサルタントからの意見を比べることが出来れば、自分の強み、弱みや、本当に向いている企業が見えてきます。1人の意見だけだと、どうしても偏りが出てきてしまいます。

複数登録することのデメリット

  • 連絡が大量に来て大変
  • エージェントごとのスケジュール管理が大変

【連絡が大量に来て大変】

連絡が来る量も3倍、4倍に増えてしまうので、自分で管理するのが大変になってしまいます。

【エージェントごとのスケジュール管理が大変】

明日は「Aエージェントの面接」、明後日は「Bエージェントの面接」とエージェントごとに面接の日にちや、連絡をしなければなりません。

優秀なコンサルタントと使えないコンサルタント

【優秀なコンサルタントの特徴】

  • 最初に、十分にヒヤリングをしてくれる
  • メリットだけでなく、デメリットもしっかり説明をしてもらえる
  • 企業との濃い繋がりを持っている
  • 連絡が早い

【最初に、十分にヒヤリングをしてくれる】

優秀なコンサルタントはまず、こちらの話を十分に聞き出し、キャリアの棚卸しや、強み、弱みの整理をします。こちらの話も聞かずに、「この会社いいですよ」といきなり求人紹介をするようなコンサルタントはまず、変えたほうが良いでしょう。

【メリットだけでなく、デメリットもしっかり説明をしてもらえる】

「ここは良いですが、この点はデメリットです。」と正直に話してもらうとこちらも安心します。良いことだけ並べて、転職してから後悔するようなことがあっては言語道断になってしまいます。

【企業との濃い繋がりを持っている】

コンサルタントによっては企業の社長や、人事と繋がりを持っている人がいます。そのようなコンサルタントからは「社内の雰囲気」や、「求める人材」などのリアルな話を聞くことが出来ます。

【連絡が早い】

すぐに連絡をくれるコンサルタントは安心します。返ってこないと不安なのは相手も同じなので、こちらも相手から連絡が来たら、なるべく早めに返すようにしましょう。

【使えないコンサルタントの特徴】

  • 内定が出やすい企業ばかり紹介してくる
  • 話も聞かずにとにかくたくさんの企業を紹介してくる
  • 希望業種と違った企業ばかり紹介してくる
  • 連絡が遅い、不定期

【内定が出やすい企業ばかり紹介してくる】

内定が出ると、入社を急かしてくるという話もよく聞きます。自分の売り上げに必死なコンサルタントには注意しましょう。

【話も聞かずにとにかくたくさんの企業を紹介してくる】

「これだけ紹介すればどこか応募してくれるだろう」と思っているのは、浅はかな考え方のコンサルタントです。すぐに変更を申し出ましょう。

【希望業種と違った企業ばかり紹介してくる】

的外れな企業ばかり紹介してくるようだと要注意です。もしかすると、お互いの間で希望や、あなたの性格がすれ違っている可能性があります。今一度、担当コンサルタントとしっかり希望条件の擦り合わせをするのも手かもしれません。

【連絡が遅い】

「相談をしたのに、5日返信が来ない」ということもあるようです。こちらが不安になるようなことが続くようでしたら、担当を変更してもらいましょう。

内定を複数もらった時の辞退の仕方

早めに担当コンサルタントに伝えるようにしましょう。電話かメールはどちらでも構いません。電話をかけて繋がらないようであれば、メールを入れておきましょう。

一番良くないのは「無視」、「放置」です。必ず、「辞退する理由」を添えて担当エージェントに伝えるようにしましょう。正直に伝えることが、お互いの次に繋がります。

【必ず「担当のコンサルタント」を通して辞退の旨を伝える】

直接企業へ連絡するのは避けます。エージェントを通して内定をもらったのであれば、必ず担当コンサルタントを通して辞退の旨を伝えましょう。

他のエージェント経由で紹介された企業から内定をもらった場合も、その旨を正直に伝えましょう。伝えにくいかもしれませんが、「なぜその会社に決めたのか」を正直に話すことで、相手の次の仕事に活かされます。

【メールの例】

【メールで伝えるべきこと】

  1. 内容がひと目でわかる件名
  2. 相手の会社、名前
  3. 辞退の旨と、その理由
  4. 担当者への感謝、内定を頂いたことへの感謝
  5. 希望に添えないこと、メールで連絡することへのお詫び
  6. 結びの挨拶
  7. 自分の名前

第一志望の企業の返事があるので、返事を待ってもらいたい

その旨を素直に担当コンサルタントに相談しましょう。1週間程度待ってもらえることがあります。以下の3点を必ず伝えるようにしましょう。

  • 入社する意志はあるのか
  • 時間をもらいたい理由
  • いつ返事できるか

保留にする以上、「辞退する可能性がある」ことは、やむを得ません。企業が採用を急ぐ場合や、他に人材が確保できた場合は内定を取り消される場合もあることを理解しておきましょう。

入社前辞退は絶対にNG

入社前辞退とは、内定を承諾した後の辞退のことです。入社を決めたあなたのために、企業は採用活動をやめて、机のデスクや、備品、あなたを受け入れる様々な準備に取り掛かります。それを水の泡にするようなものです。

履歴書、職務経歴書は使いまわしても良い?

問題は特にありませんが、1つ1つ書くようにしましょう。大変な作業ですが、一生懸命書いた書類は、相手にも伝わります。

自己紹介欄、志望動機も1つ1つ心を込めて書くことによって、あなたは面接の際、自信を持って面接官に思いを伝えられるでしょう。

複数のエージェントで同じ会社に応募しても良い?

NGです。受ける企業からは、転職エージェントに「受ける会社を伝えていないのかな?」、「自己管理が出来ない人なのだな」と不信感を持たれてしまいます。

担当コンサルタントから「並行して進んでる企業があれば教えて欲しい」と言われました。

担当コンサルタントに正直に伝えましょう。重複して企業に応募するのを防いだり、面接日が重なるのを防ぐためです。特に気を使う必要はありません。

どうしても言いたくないようであれば言わなくても構いませんが、担当コンサルタントから紹介された企業が、他のエージェントからすでに紹介されていた時に断る理由がなくなってしまいます。

担当コンサルタントから「他にも転職エージェントを利用していますか?」と聞かれました。

利用している場合は、正直に伝えましょう。これも他のエージェントと応募先が重ならないようにするためです。だいたいの人が複数のエージェントに登録しているので、悪く思われることはありません。

どうしても伝えたくない場合は、他のエージェントと、面接日が重ならないように注意しましょう。「どの日でも空いてます」と伝える人がたまにいます。

業界特化型に登録したが、総合型にも登録すべき?

総合型エージェントの武器は、とにかくたくさんの情報量です。特化型では出会えないような企業の情報が手に入るかもしれません。それぞれメリット、デメリットがあるのであらゆるエージェントを比較して自分に合ったところを選ぶのが良いでしょう。

【総合型エージェントのメリット】

とにかく多い情報量を持っている。豊富な企業の中から選ぶことができ、面接対策が充実していたり、多くの企業との繋がりを持っている。

【総合型エージェントのデメリット】

担当1人あたり、たくさんの顧客を抱えているので、一人一人に対するサービスの質が特化型に比べて低いことがある。業界に精通していなかったりする。

【業界特化型エージェントのメリット】

業界に精通しているコンサルタントが多いので、総合型では手に入らないような、より詳しい話が聞けたり、担当コンサルタントの業界経験からアドバイスがもらえる。

【業界特化型エージェントのデメリット】

総合型に比べて案件が少ないので、そもそも紹介できる企業が少ない場合がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください