転職エージェントと転職サイトの違いとは

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

一番大きな違いは、「担当が付くか付かないか」です。

転職エージェントは、担当コンサルタントが1人付いて、あなたの転職活動において様々なサポートを受けることが出来ます。

転職サイトは、あなたの好きなペースで企業を探し、応募します。

転職エージェントと転職サイトの比較表

転職エージェント

転職サイト

転職サイトはこんな人にオススメ

  • 自分のペースで転職をしたい人
  • 誰かに縛られることなく、自分で進めたい人
  • とにかくたくさんの企業を見て判断したい人

【自分のペースで転職をしたい人】

「とりあえずどんな会社があるのか見てみたい」、「ゆっくり転職活動を進めていきたい」という人は転職サイトを使うと良いでしょう。

あらゆる求人情報を比較して、その中から自分に合った会社を見つけることが出来ます。努力次第では、転職エージェントを利用するよりも早く転職をすることも出来ます。

【誰かに縛られることなく、自分で進めたい人】

転職サイトを利用すれば、企業の情報収集はもちろんのこと、サイトによっては、面接時のマナー対策や、書類の書き方等の情報収集も行えます。

転職エージェントを利用すると、面談に時間を割かなければいけなかったり、「担当コンサルタントからの電話がしつこい」といった例もあります。

「自分1人でやりたい!」という方は転職サイトを利用すると良いでしょう。

【とにかくたくさんの企業を見て判断したい人】

転職サイトの強みは、「圧倒的な情報量」です。自分が希望する条件に合う企業を、たくさん比較してみることが出来ます。

転職エージェントを利用すると「担当コンサルタントから紹介を受ける」という形なので、数を見たいのであれば転職サイトの方がより効率的です。

転職エージェントはこんな人にオススメ

  • 1人で転職活動をするのが不安な人
  • 忙しくて、転職活動の時間が取れない人
  • 会社に入ってからのミスマッチを少しでも減らしたい人

【1人で転職活動をするのが不安な人】

転職エージェントを使えば、担当コンサルタントからアドバイスをもらいながら転職活動をすることが出来ます。転職の相談や、面接のアドバイスを受け、自信をつけた状態で転職活動を進めることが出来ます。

【忙しくて、転職活動の時間が取れない人】

「忙しくて、たくさんサイトを見ている暇がない」という人には転職エージェントの方が向いています。担当コンサルタントとの面談をする必要はありますが、そこから先は、求人紹介、面接の日程調整等を代行してもらうことが出来ます。

【会社に入ってからのミスマッチを少しでも減らしたい人】

転職エージェントは「企業の特色」や、「会社の雰囲気」などの転職サイトだけでは手に入らない情報を持っていることが多いです。会社に入ってみて「思っていたのと違った」というミスマッチを最大限減らすことが出来ます。

これで安心!転職エージェントとの面談準備

「担当コンサルタントとの面談前に何を準備したらいいの?」

「持ち物や注意点を教えて欲しい」

このような疑問にお答えします。

面談までの流れ

1) 登録

2) 2、3日後、担当コンサルタントから連絡

3) 面談の日程調整(仕事が忙しい場合は電話面談も可能)

面談当日の流れ

1) お互いの自己紹介

2) 転職活動状況、転職理由の確認

3) 職務経歴、スキルの確認

4) 希望条件の確認

5) 求人紹介

6) 質疑応答

準備リスト

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 時間
  • 場所

【履歴書・職務経歴書】

履歴書や、職務履歴書は書いておくと、添削をしてもらえるので事前に書いておくと良いです。

【時間】

開始時間の確認をして、5〜10分前には会場に到着できるようにしておきましょう。

面談時間は、平均1時間から2時間ほどです。余裕を持って時間調整をしておきましょう。

そこまで時間が取れないという人は、事前に担当コンサルタントに伝えておくと、時間の調節や、2回に分ける、電話面談等の対応をしてもらえます。

【場所】

面談会場までの道、最寄駅は前日までに調べておきましょう。乗り継ぎの電車や時間を調べたり、実際に前もって会場に足を運んでおくとより安心です。

持ち物

  • 筆記用具
  • メモ帳、ノート
  • A4サイズの用紙が入るカバン(書類を入れるファイルがあれば尚良い)

特別用意する物は特にありません。当日、あなたに求人紹介があれば受けることがあるので、資料が入るカバンを用意しておきましょう。

頭の中でまとめておきたいこと

  • 転職理由
  • 自己PR
  • スキル、経歴
  • 希望条件と優先順位

【転職理由】

「年収をあげたい」、「新しい業界でチャレンジしたい」など、企業でどんなことをしたいか、どんなスキルを身に付けたいかを簡単にまとめておくと良いでしょう。

また、「人間関係が上手くいってない」、「ノルマがきつい」など、後ろ向きな意見も正直に話をしても良いでしょう。大事なのは「あなたの飾らない本音で話す」ということです。

「会社の文句の羅列」や、「人の悪口」ばかり並べてるようでは担当コンサルタントからしたらマイナス印象になります。

【自己PR】

あらかじめまとめておくと担当コンサルタントとの面談がスムーズに進みます。

「どのようにまとめておけばいいのかわからない」という人は

  • 会社でどのようなことをやってきたのか
  • 数字を入れて具体的にまとめておく
  • 成功した体験談

等を出来るだけたくさん思い出して白紙に書いてみると良いでしょう。担当コンサルタントがあなたの話を整理して、「強みと弱み」、「自己PR作り」のサポートをします。

【希望条件】

  • 年収
  • 福利厚生
  • 会社規模
  • 労働時間
  • スキル
  • 転職時期
  • 企業でやりたいこと、成し遂げたいこと
  • 勤務場所

面談での注意点

【名刺は必要ない】

担当コンサルタントからは名刺をもらいますが、こちらから渡す必要はありません。担当コンサルタントも「マナー違反」だとは思わないですし、取引先でもありませんので渡す必要はありません。

ですが、名刺を受け取る際の所作やマナーを見られている場合があります。あまり慣れていないようであれば礼儀作法をレクチャーしてもらいましょう。

もらった名刺はすぐに片付けずに、机の上に置いておくのがマナーです。

【面談は何時まで対応してもらえる?】

19時、20時〜、が最終のエージェントが多いです。「仕事終わりに面談に向かいたい」という旨を担当コンサルタントに伝えれば、柔軟に対応してもらえることが多いでしょう。

さすがに21時、22時となると、常識の範囲を超えてしまうので、ほとんど対応してもらえません。その際は日程を組み直しましょう。

【土日祝でも面談できる?】

転職エージェントによりますが、土曜日に行ってもらえるところは多いです。日曜日、祝日は面談を行っていないエージェントもあります。事前に確認しておきましょう。

【転職活動中の面談回数は?】

通常、説明とカウンセリング、求人紹介までであれば1回のみで終わります。2回目以降は、書類添削や面接対策、転職活動においての相談を行いたいようであれば利用しましょう。

担当コンサルタントに申し出れば、アドバイスをもらうことが出来ます。回数に決まりはないので、相談があれば積極的に連絡してみると良いでしょう。

【面談のキャンセルをしたい時は】

前日までに連絡を入れるのがベスト。相手側にも都合があるので、都合が悪くなったとわかった時点で早めに連絡を入れるようにしましょう。

当日、体調不良や、止むを得ない理由でキャンセルしたい時はその旨を正直に伝えれば担当コンサルタントにも理解してもらえるでしょう。いずれにせよ、早めの連絡を心掛けましょう。

面談を成功させるコツ

【「今すぐ転職をしたい!」と伝えるのも1つの手】

担当コンサルタントも毎月のノルマに追われています。「とりあえず情報を聞きに来た」という人よりかは、「早急に転職を考えている」人の方が優先的に紹介してもらえることがあります。

【「複数の転職エージェントにも登録している」と伝えるべきか】

答えは「伝えるべき」です。

担当コンサルタントに気をつかう必要は全くありません。他のエージェントと応募する企業が重なってしまったり、面接日の重複を避けることが出来るため、お互いメリットしかありません。

当日の服装について

基本的にスーツであれば問題ありません。スーツに慣れていないようであれば私服でも問題ありません。あなたがリラックスできる格好で臨みましょう。

細かくは「服装はこれ!転職エージェントとの面談」で紹介しています。

服装はこれ!転職エージェントとの面談

「担当コンサルタントとの面談ってどんな服装で行けば良いの?」

「『服装自由』と言われたけど、ジーパンでも良いのでしょうか?」

このような疑問にお答えします。

目次

服装について

  • 服装は自由で良いの?
  • 男性にオススメの服装
  • 女性にオススメの服装

面談で聞かれる質問

服装は自由で良いの?

スーツであれば間違いはありません。ですが、担当コンサルタントとの面談では基本的に私服で大丈夫です。

「私服で来てください」と言われることもあり、「絶対スーツ」ということはありません。あなたが落ち着いて本音を話せる格好で臨みましょう。

自由とはいっても、「清潔感のある格好」を心掛けましょう。服装はあなたの第一印象を左右するものでもあります。

担当コンサルタントからの印象は少しでも良い方が、その後良い結果に繋がる可能性が高くなります。

「ジーパン」、「スウェット」、「短パン」「サンダル」などは避けるべきです。「服装でマイナス」なんて勿体無いですよね。

普段スーツを着て仕事をする人は、そのままの服装で面談に行って良いでしょう。その際、「印象が良くなるワンポイントアドバイス」をもらえます。

また、スーツに自信がない人はオススメのスーツを教えてもらうのもよいでしょう。

アパレル業界の場合、私服のセンスをチェックされることがあります。あなたの希望するお店のイメージに合った服装で行くことを心がけてください。

男性にオススメの服装

  • 襟付きのシャツ
  • スラックス、チノパン
  • 髪型は、短めにして、整髪料で整えておくと好印象です。
  • ベルトやネクタイは派手な色はなるべく避ける。
  • 寒い日はコートOK。黒が無難でしょう。会社内に入ったら脱ぐようにしましょう。

女性にオススメの服装

女性の方が、オフィスカジュアルの幅が多いので「どんな服装で行けば良いかわからない」と悩む場面が多いでしょう。

  • 落ち着いた色のスラックスやスカート
  • 「黒」、「紺」、「グレー」などのジャケットを羽織ると落ち着いたイメージになります。
  • ワンポイントで「白」、「ピンク」、「黄色」を入れると明るいイメージになります。
  • 足元は「黒のパンプス」がオススメ。サンダル、スニーカー、ミュールなどは避けましょう。
  • ピアス、ネイル、香水はNG。また、肌の露出が多い服装も避けましょう。
  • メイクは「ナチュラルメイク」を心掛けましょう。
  • コートは落ち着いた色を選びましょう。

メラビアンの法則

メラビアンの法則とは

1971年に、アメリカの心理学者「アルバード・メラビアン」が提唱した概念です。人と人が話し合う時、聞き手が受け取る影響について、「言語」、「聴覚」、「視覚」の観点を数値化したものです。

  • 「視覚」:表情、話し方、しぐさ、見た目
  • 「聴覚」:声の大きさ、トーン、テンポ
  • 「言語」:話の内容、そのものの意味

「人は会った瞬間に第一印象が決まる」とよく言われますが、まさにこのメラビアンの法則からきています。

話の内容よりも、視覚から入ってくる情報が優先されます。つまり、服装1つで相手からの印象良くなるのです。

転職エージェントとは

求職者と企業の間に入ってマッチングを図る仲介業者のことを指します。

求職者は転職エージェントに登録することで、企業の紹介、転職の悩み相談、面接のアドバイス等のサービスを無料で受けることが出来ます。

キャリアコンサルタントが求職者と企業の間に入り、求職者にとって最適な企業を紹介し、企業にとって最適な人材を紹介します。

求職者が受けれる主なサービス

  • 求人紹介
  • 履歴書の添削
  • 面接の練習
  • 給与交渉
  • 面接日の日程調整
  • 転職のお悩み相談

転職エージェントを利用するメリットとデメリット

転職して後悔した!ということにならないためにも、メリットとデメリットを理解しておきましょう。

転職エージェントのメリット

1.面接日時の調整や、給与交渉等の面倒な手続きを代わりにやってもらえる

転職活動をする際は、仕事で忙しい中、自分で面談の日程を企業と相談したり、書類を書いてまとめたりしなければなりません。

そんなあなたに代わって面接日時の調整や、相談しにくい給与交渉などを引き受けてもらえます。

2.非公開求人を紹介してもらえる

一般の求人サイトに公開されていない求人を紹介してもらえます。

中には大手企業や、幹部クラスの求人の情報を持っているエージェントに出会えるかもしれません。

3.面接対策ができる

ポイントを押さえた面接の練習をしてもらえます。その中で、自己PRや、これまでのキャリアを整理してもらうことで、本番自信を持って面接に臨むことが出来ます。

転職エージェントのデメリット

1.エージェントによって当たりハズレがある

「希望とは全然違う企業を紹介してきた」、「内定承諾を強引に迫られた」など自分のノルマのために転職を早く決めさせようとするエージェントも中にはいます。

「私には合わないな」と感じた時は担当アドバイザーの変更を申し出ましょう。

2.自分のペースで進められない

転職エージェントに登録すると、希望条件を担当アドバイザーと擦り合わせる必要があるため、企業に直接足を運ぶ必要があります。住んでいる地域が遠方の場合や、忙しい時は電話でも可能です。

担当アドバイザーから電話や、メールが頻繁にくることがあります。「自分ペースでたくさんの求人の中から探したい」という人には、「連絡がしつこい」と感じることがあるでしょう。

転職エージェントサービスを利用した内定までの流れ

1.転職エージェントに登録

できれば2.3つのサイトに登録しましょう。先程も述べましたが、担当アドバイザーによってアドバイスや、力の差にバラツキがあるので、いくつかのエージェントサイトに登録して、比較すると良いでしょう。

2.面談(カウンセリング)

キャリアコンサルタントとの面談をします。あなたのこれまでの経歴や、スキルのヒヤリング、転職の目的や希望条件をまとめていきます。面談を通してあなたの「強み、弱み」や、「転職の方向性」が明確になっていきます。

3.求人紹介

面談をもとに、担当アドバイザーがあなたに合った求人の紹介をします。

エージェントは一般に公開されていない「非公開求人」の情報を持っているので、今までにない求人に出会えるかもしれません。応募前には、社内の雰囲気を教えてもらえたり、面接の練習、書類添削を行なってもらえるところもあります。

4.応募

応募先が決まったら、担当アドバイザーはあなたを企業へ推薦します。応募書類作成のアドバイス、手続きの代行を行います。また、あなたを企業に後押しする「推薦状」も一緒に送ってもらえるので、書類の通過率がアップします。

面接の日程調整、条件の交渉も代わりに行なってもらえます。転職が初めてでも、仕事が忙しいあなたでも安心して任せることができます。

5.選考、面接

いよいよ本番です。緊張してしまうあなたのために、「模擬面接」を行なってもらい、自信を付けて本番に臨めるようサポートしてもらいましょう。

面接が終わった後、担当アドバイザーからフィードバックをもらえます。「あなたのどこが評価されたのか」を確認し、次回の面接で活かしましょう。

6.内定、入社

内定を頂いたらサポートが終わりではありません。企業に言いにくい給与交渉や、入社日の相談もあなたに代わってサポートします。

また、円満退職するための手続きや、準備のアドバイスもいただけるので、安心して次の職場に転職することができます。