【第三章】服装はこれ!転職エージェントとの面談

「担当コンサルタントとの面談ってどんな服装で行けば良いの?」
「『服装自由』と言われたけど、ジーパンでも良いのでしょうか?」

このような疑問にお答えします。

 

服装は自由で良いの?


スーツであれば間違いはありません。
ですが、担当コンサルタントとの面談では基本的に私服でも大丈夫です。

「私服で来てください」と言われることもあり、「絶対スーツ」ということはありません。
あなたが落ち着いて本音を話せる格好で臨みましょう。

自由とはいっても、「清潔感のある格好」を心掛けましょう。
服装はあなたの第一印象を左右するものでもあります。

担当コンサルタントからの印象は少しでも良い方が、その後良い結果に繋がる可能性が高くなります。

「ジーパン」、「スウェット」、「短パン」「サンダル」などは避けるべきです。
「服装でマイナス」なんて勿体無いですよね。

普段スーツを着て仕事をする人は、そのままの服装で面談に行って良いでしょう。
「印象が良くなるワンポイントアドバイス」を聞いてみても良いでしょう。

また、スーツに自信がない人はオススメのスーツを教えてもらうのもよいでしょう。

アパレル業界の場合、私服のセンスをチェックされることがあります。
あなたの希望するお店のイメージに合った服装で行くことを心がけてください。

 

男性にオススメの服装


  • 襟付きのシャツ
  • スラックス、チノパン
  • 髪型は、短めにして、整髪料で整えておくと好印象です。
  • ベルトやネクタイは派手な色はなるべく避ける。
  • 寒い日はコートOK。黒が無難でしょう。会社内に入ったら脱ぐようにしましょう。

 

女性にオススメの服装


  • 落ち着いた色のスラックスやスカート
  • 「黒」、「紺」、「グレー」などのジャケットを羽織ると落ち着いたイメージになります。
  • ワンポイントで「白」、「ピンク」、「黄色」を入れると明るいイメージになります。
  • 足元は「黒のパンプス」がオススメ。サンダル、スニーカー、ミュールなどは避けましょう。
  • ピアス、ネイル、香水はNG。また、肌の露出が多い服装も避けましょう。
  • メイクは「ナチュラルメイク」を心掛けましょう。
  • コートは落ち着いた色を選びましょう。

 

メラビアンの法則


 


メラビアンの法則とは


1971年に、アメリカの心理学者「アルバード・メラビアン」が提唱した概念です。
人と人が話し合う時、聞き手が受け取る影響について、「言語」、「聴覚」、「視覚」の観点を数値化したものです。

  • 「視覚」:表情、話し方、しぐさ、見た目
  • 「聴覚」:声の大きさ、トーン、テンポ
  • 「言語」:話の内容、そのものの意味

「人は会った瞬間に第一印象が決まる」とよく言われますが、まさにこのメラビアンの法則からきています。
話の内容よりも、視覚から入ってくる情報が優先されます。つまり、服装1つで相手からの印象良くなるのです。

関連記事

  1. 【第二章】これで安心!転職エージェントとの面談準備

  2. 【第五章】転職エージェントと転職サイトの違いとは

  3. 【第六章】まるわかり面接対策

  4. 【第八章】内定を複数もらった時の辞退の仕方

  5. 【第一章】転職エージェントとは

  6. 【第四章】転職エージェントは複数登録!その理由とは